日本製と海外製

日本製と海外製のコンタクトの違いですが、結構な差があります。ただし、日本で流通しているほとんどが、低いコストで生産することのできる海外製のコンタクトです。日本製の場合は、眼科などで購入するものになることが多いので、日本製のカラコンの安全性はそれなりに高い物になります。それも、日本ではカラコンが薬事法により規制対象になっているため、安全性を見極める必要性があると言えます。

逆に海外製のカラコンの場合は、安全性が国内で保障されていない場合が多く、製品としてそぐわないレベルの粗悪品が出回ってしまっているケースも存在します。

海外でのカラコンなら、心配せずに利用できるのでは、と思われるかもしれません。確かに、海外で生産されて日本に輸入される物の中には、国内品よりも安全性などの面で十分に信用できるものもあるでしょう。しかし、それは欧米などで生産される物の場合だけです。

カラコンの場合は、東南アジアや台湾、韓国などで生産される場合が多く、徹底的にコスト削減を行っているために、安全面を度外視している場合も少なくは無いのです。カラコンの問題などがマスコミなどで取り上げられるケースは多くありますが、そのほとんどは、海外製のカラコンによる被害です。フォーチュンコンタクト