空港送迎時、ハイヤーの利用方法について

ビジネスを行う上で、グローバルな企業であれば海外からのお客様やVIPの送迎は日常茶飯事であると言えます。社有車を保有している企業であれば、その社有車を利用することで送迎を行うことができますが、社有車を保有していない企業からするとこの送迎は非常に面倒で厄介な部分です。そんな面倒である空港から企業までの送迎で最も適しているサービスがハイヤーです。

それではこのハイヤーを空港送迎で利用する場合にはいったいどのような方法で利用すれば良いのでしょうか。また実際に当日はどのような流れになるのでしょうか。まだ利用されたことがない方はぜひ参考にしていただき、ビジネスが上手く運ぶように安全で安心なハイヤーをご利用していただければと思います。

まず、空港送迎時に利用する場合は事前の予約と見積もりが必要になってきます。多くの会社では、現在、24時間インターネットを通じて見積もりおよび予約を取ることが可能となっています。予約時には実際の日時やお客様の利用人数、車種などを選んでいただくという簡単な入力だけですので、何も問題なくスムーズに予約ができるでしょう。また、パソコンが少し苦手という方でも、対応時間は限られていますが電話での予約ももちろん可能ですので、基本的にはこの2通りのパターンであることが多いです。

それでは実際に当日の流れについてですが、ハイヤーはその専属ドライバーが責任をもって、お客様を目的地まで案内してくれます。空港ロビーのお迎えからこの専属ドライバーが名前などが書いてあるネームボードを持って待ってくれています。飛行機は天候などによりフライト時間の誤差が生じてします乗り物ですので、もちろん到着時間の遅れなどにも対応してもらえます。

企業側から誰もお出迎えができない場合もあるかと思いますが、そのような場合には大切な海外からのお客様をしっかりとお出迎えできたかどうかが不安になるケースも多々あります。そのような場合にはしっかりと専属ドライバーからお出迎えできた旨を、空港出発前に担当者に連絡するサービスなどを行っている会社を利用すれば安心でしょう。

お客様の人数によっても少人数から9名前後であれば、基本的には多様の車種を準備しているところが多いので、そのような点も安心してハイヤーを空港送迎で利用できます。まだ利用されたことがない方はぜひ便利でサービスの質が高いハイヤーを空港送迎でご利用されることをおすすめします。