ハイヤーの専属ドライバー

ハイヤーの利用方法として、役員送迎や社用車としての利用は非常に多いです。多い理由としては、やはりそのサービス内容にメリットがあるからでしょう。そんなメリットが多いとされている役員送迎や社用車としてハイヤーを利用する方にとって、一番気になる点と言えば費用以外にも専属ドライバーの質やレベルの高さがあるでしょう。

頻度が多い方では毎日利用される方もいらっしゃいますので、そんな方は毎日ドライバーと顔を合わせることになります。そのため、専属ドライバーの持っているレベルは重要視される点です。それではこのように役員送迎や社用車として利用する場合には、専属ドライバーはどのように決められているのでしょうか。

まず、当然ながら双方で必ず契約書を取り交わすことになるのですが、契約をする前にどのような専属ドライバーにしてほしいのか、というような事前アンケートをとる場合が多いです。そのアンケートを元に会社側では最もその要望に近い理想のドライバーをピックアップします。数名の候補が挙がった段階で、自社の担当者に連絡が入り、契約前に実際に専属ドライバーになる可能性があるドライバーと直接面談を行うことが可能です。この直接面談を行えるという点は非常に大きく、契約後に専属ドライバーを勝手に配属されるようなことがありませんので、契約後のトラブルが少なくできます。

また、万が一、実際の契約後に不備があった場合でも基本的にはこの専属ドライバーは変更できることが多く、最終的には利用する側のニーズに合った専属ドライバーが付くことになりますので、利用する側は安心してこのサービスを利用することができるのです。

会社によってその専属ドライバーを抱えている人数や質の高さは異なります。研修をきちんと行っている会社であれば専属ドライバーとして必要な知識や運転技術、また格式の高いハイヤーですのでマナー面でも質の高い教育を受けています。専属ドライバーとして活躍できるような教育システムが整っているところなら安心して利用できます。その点はタクシーのドライバーと比べるとやはりハイヤーのドライバーは非常に有望な人材であると言えるでしょう。

従って、そんなハイヤーの専属ドライバーは、誰もが簡単になれる職業ではありませんし、厳しい基準をクリアしてきた数少ない優秀なドライバーばかりですので、ハイヤーを役員送迎で利用したり、社用車として利用される企業が多いというのも納得がいく理由となっています。