ハイヤー契約前には事前面接の実施を!

ハイヤーの継続利用として使われることの多い、役員送迎や社用車ですが、専属ドライバーの選定は非常にデリケートな問題として取り扱われます。その理由としては、運転技術や知識などがあったとしても、そもそもその専属ドライバーとの相性の問題があるからです。その相性が実際に利用される方と合わないということになれば、専属ドライバーとして採用するのに適切ではないと言えるでしょう。

車だけではなく、ハイヤーの専属ドライバーを配属させる会社側はそのようなデメリットを最大限減らす為に、契約前に契約者と事前に面接ができるようなシステムを作っていることが多いです。契約前に面接を行うことが全てとはいきませんが、ある程度その専属ドライバーになり得る可能性があるドライバーとの相性が実際にコミュニケーションを図ることで見えてきます。この事前面接は非常に効果的なシステムと言えるでしょう。また双方にとってのトラブルも減少させることができます。

そんなハイヤーの専属ドライバーの事前面接ですが、実際にはどのような形で行われているのでしょうか。これから利用したいと考えている企業などは非常に興味があるポイントでしょう。

まず面接を行う前ですが、予め人数を絞るという意味も含めて、契約を考えている企業よりどのようなドライバーを希望しているのか、というような条件を挙げてもらいます。ここでは、実際に専属ドライバーとして働いていただく場所も考慮し、ドライバーの居住地や年齢、家族構成なども含めて条件を挙げてもらうことで、その条件に合うドライバーを数人ピックアップしてもらえます。

その条件の中からピックアップされたプロフィールを事前に確認することができますので、そのプロフィールを見て面接を行うかどうか判断し、実際に面接をするのであれば、面接日程を組んでもらい、面接をするという流れが一般的な専属ドライバーとの事前面接となります。その面接を行った上で正式に契約という流れになりますので、双方にとって契約後のトラブルが極端に減るのです。

また、面接をする時間などがないといった理由などから事前面接を行わずにハイヤーの専属ドライバーを決めることも当然可能となります。その場合でも、予め外せない希望条件などは契約する会社に伝え、ある程度の条件を絞ることで、理想に近い専属ドライバーを配属してもらうことも可能です。しかしながら、前述したように、専属ドライバーも同じ人間ですので、相性が合わないという方も当然の事ながらいるかもしれません。そのようなトラブルを少しでもなくす為には、やはり契約前の事前面接は非常に重要な役割となってくることでしょう。