ハイヤーは役員送迎や社用車として便利

ハイヤーと聞いて、まず思い浮かべる利用用途の多くは役員の送迎や社用車に利用する方法ではないでしょうか。みなさんが思い浮かべるように、実際の利用用途で多いのがこの役員送迎や社用車といった利用方法です。今回はこの役員送迎と社用車にフォーカスを当て、みなさんに分かりやすく紹介します。

まず、第一にハイヤーは完全予約制の乗り物となります。配車している会社のほとんどが、このような役員送迎や社用車といったように1台の車と1人の専属ドライバーを雇い、通年でその会社と契約を結んで利用することが多くなっています。そんな役員送迎などで利用する場合ですが、利用する前にはまず契約を交わす必要があります。具体的な契約内容で言うと、まずは利用する頻度がどの程度あるのかどうかというところです。例えば、平日の9時から17時までの利用なのか、曜日指定などがある限定的な利用なのかによっても契約内容が異なります。

この他にも、どの程度の時間がかかる送迎なのか、ハイヤーの車種の指定はあるのか、によっても費用が異なりますので、事前に双方で契約書を取り交わす必要があります。これはあくまでも役員の送迎などに使われる場合を想定してのお話ですが、社用車としての利用も当然のことながら可能となります。

社用車とは厳密に言ってしまうと、会社が保有している車となりますので、準備するためにはまず車の購入が必要になります。その他にもやはり専属のドライバーを会社で雇用する必要があり、少し手続きが面倒な部分と費用面で負担が大きいというデメリットがあります。しかし、ハイヤーを専門とする配車サービス会社では、ほぼ社有車と同様のサービス内容を提供している場合があり、その利用用途は非常に質も高く、費用面でも自社で車と専属ドライバーを用意するよりも簡易的となります。

もちろん、社有車と同等の利用をする場合はある程度の基準を満たすことが必要となってきます。しかし、その基準を満たすことができれば、非常にメリットのあるサービス内容ですので、社有車と言っても何ら変わりのないサービスです。また、自社で車を購入しなくて良いのはもちろんのこと、専属ドライバーを雇用するまでの労力も含めてサービス内容に含まれていますので、そのような手間もかかりません。更に質の高い専属ドライバーを配属してもらえますので、ハイヤーの中でもこの社用車としての利用は非常に質の高いサービスとなっているのです。